林亜希子 qualia プロフィール

 KC3Z0024

林亜希子 qualia

1973年 大阪生まれ

1997-2002 朝日硝子製作所勤務(大阪市)

2002-2008年 fresco勤務(大阪府和泉市)

2010年 岐阜県美濃加茂市にqualia-glassworksを工房設立。

 

同じような色同じような形の物がたくさんある中で

ひとつを選ぶとき、それを選んだ理由はそれを

構成するパーツの素材感やバランスだったり、

微妙な大きさや厚みの違いだったりします。

そういう要素が積み重なって醸し出される、

その物の”なんかいい感じ”が物を選ぶ動機なんだと思っています。

その”なんかいい感じ”が”qualia”です。

その物のまわりにあるものと良く調和して

“いい感じ”を醸し出すような物を、作っていきたいと考えています。


aisomo cosomo

IMGP2763

aisomo cosomo                          作品一覧

私たちへ自然のくれた贈り物。

江戸中期1803年創業。

福井県・越前塗り「漆琳堂」制作。

日本を代表する素材”漆 (うるし)”。

この素材を多くの人に使う事を

通して知っていただこうと始まったのがaisomo cosomoです。

手に触れた時に安らぎが伝わる質感や、目に潤いを

もたらしてくれるこのポップで風合いのある色合いは全て、

100%の漆が私たちにくれた「優しいプレゼント」です。

使えば使う程色が変化し、様々な表情を見せる

天然漆独特の色味と風合いをお楽しみください。


べんがらや 展示会が終わると…

Ginger Song Exhibitionが終了したのが12/24(月祝)。

 

翌日が営業日なのでその日のうちに、

ギャラリーを展示会前の状態に戻すのですが、

実はべんがらや、展示会が終わるといつも

ちょっと模様替えをしてます。

元通りには戻っていないんです。

 

これが今回のGinger Song Exhibition前↓

IMGP2162 IMGP2163IMGP2176

 

展示会後、ちょっと模様替えしたのが↓

IMGP2714 IMGP2725 IMGP2728

お分かりでしょうか?やってる私たちには結構な違いです。

 

さらに今回は新商品も加わりました↓

IMGP2768 IMGP2763

Ginger Song Exhibitionの作品も商品に仲間入り↓。

IMGP2752 IMGP2647

新商品については後日あらためて紹介します。 カトウ


上出惠悟/KUTANI SEALプロフィール

缶バッジ各種

上出惠悟           作品一覧

上出長右衛門窯の六代目として1981年に生まれる。

2006年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻在学中に

九谷焼での初作品「甘蕉(バナナ)」を発表。

現代美術界で高い評価を受けた。

その後上出長右衛門窯で

デザインや企画に従事する傍ら作家としても活動中。

九谷焼を新たな視点で提案している。

 

KUTANI SEAL

2009年に九谷焼窯元・上出長右衛門窯と日本のものづくりを

プロデュースする丸若屋が立ち上げたワークショップブランド。

クタニシールは「九谷焼をみなさんの身近に」をテーマに、

転写技術を使ったワークショップと製品を企画する。

九谷焼の転写技術とは九谷焼は本来、職人が筆で絵を描いているが、

あらかじめ印刷された文様をシールのように器に貼付け、

製品を量産するという技術がある。

低コストで職人による絵付けを再現することが

出来るが、手描きとは逆に転写にしか出来ない

表現の可能性もあり、それを使って遊んでみよう

というのがクタニシールのコンセプトである。

KUTANI SEAL/クタニシール

企画プロデュース:丸若屋

運営・製造:上出長右衛門窯

シール作画:上出惠悟


九谷焼窯元 上出長右衛門窯

上出長右衛門窯 作品

九谷焼窯元 上出長右衛門窯       作品一覧

石川県の代表的な伝統工芸である九谷焼の窯元。

主に美術工芸品、割烹食器、

日用食器を製造、販売する。

上出長右エ門窯は明治十二年、

石川県能美郡寺井村(現石川県能美市寺井町)

にて創業。以来百三十年、先人の伝統を

守り昔ながらの手仕事で日々の食器から茶陶まで

一点一線丹誠込めて伝統を現代まで守り続けいる。

彩り鮮やかな上絵付けと深い発色の染付け、

そして何より丈夫で美しい生地が

長右衛門窯の特長である。


加賀いろは テトラシリーズ

菫テトラ

加賀いろは テトラシリーズ      商品一覧

一杯の湯のみで簡単に本物の茶のおいしさを

味わっていただきたい、との思いからつくった

ティーバッグ新シリーズです。

ポリエステル素材のテトラ(四面体)で

茶の形状そのままを包み、

茶本来の渋味・旨味・芳香を充分に引き出します。

湯のみとテトラで一分間。

香り立つ茶の味わいをお楽しみ下さい。

いろはとは物事のステップのこと。

日々の生活を楽しむいろはとして、

いつでもすぐにおいしいお茶をお召し上がり頂けます。

本製品は新しい九谷焼の

楽しさを提案するKUTANI SEALと一緒に作りました。


堀江美佳プロフィール

うめぼしのたねのかべ

堀江美佳                                           作品一覧 

1984 京都府長岡京市に生まれる

2009 キングストン大学大学院卒業後、

現在京都を中心に活動中。

日本の文化的背景、食、デザイン美の象徴として

梅干しの粒をとらえ発信していく「梅干しアーティスト」。

2012年6月「梅干展」を葉渡莉にて開催。

べんがらや壁面デザインも手がける。


鈴木りえプロフィール

thema_べんがらや

鈴木りえ          作品一覧

1979年静岡生・京都在住。

2008年から活動を開始。

2012年べんがらやにて火遊び展を開催。

“毎日をキャンドルナイトに!!”を

アイコトバに日々ろうそくを制作。

 

-About  Rinn to hitsuji-

rinn to hitsujiキャンドルは型から制作し、

全てが手作りのためひとつとして同じものがありません。

同じ商品でも大きさや形に若干の違いが生じますが

それも味わいとして楽しんでいただければ幸いです。

又、大豆から抽出されるソイワックス・パームヤシの実からの

パームワックス・菜の花の種からの菜種ワックス・蜜蝋など

すべてのキャンドルに天然素材のワックスを使用しております。

通常のパラフィンキャンドルよりも長く燃焼し、

燃焼時のススや消したときの匂いが少ないのが特徴です。

お部屋の壁や天井、家具にもやさしいキャンドルです。

香料にはすべて、天然のエッセンシャルオイルを

使用しておりますのでほのかな香りが漂います。


石井啓一プロフィール

IMGP2619

石井啓一               作品一覧

1976年千葉生まれ

群馬県の短大にて陶芸を専攻

2004年千葉に築窯

2011年目黒にアトリエショップオープン

2012年べんがらやにて火遊び展を開催

 

暮らしに寄り添う普段使いの器を中心に制作。

teto ceramic

ISHI KEIICHI

http://teto-net.com


このページのトップへ▲