車を手放してよかったとこと・後悔したこと|1年間の節約費用を公開

この記事には広告を含む場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

  • 車の維持費が高くて手放そうか迷っている
  • 車を手放しても生活に困らないかな?
  • 車を手放すとどれくらい節約できるのか知りたい

上記の悩みや疑問を解決します。


好きな時に快適な空間で移動できる車。とても便利な反面、維持するための費用はバカになりません。

この記事では、7年間にわたり車生活をした僕が車を手放して、良かったことと後悔したことを紹介します。

結論、車を手放したおかげで年間50万円以上の節約ができました。

節約できた反面、好きな時にドライブできないのは残念です💦

後悔したこともありますが、今となってはいい決断だったと感じています。


車を少しでも高く売る方法や、手放しても困らないような便利なサービスも紹介するのでぜひ最後まで読んでくださいね。

※ページの下のジャンプします

車を手放してよかったこと5選

車を手放してよかったことは次の5つです。

よかったこと
  • 家計が楽になった
  • 外出先で飲めるようになった
  • 余計な買い物が減った
  • 運動の機会が増えた
  • 時間が増えた

特に、家計が楽になったことが経済的にも精神的にも大きなメリットでした。

それぞれ詳しく解説するので、参考にしてみてください。

節約できて家計が楽になった

車を手放したことで節約がものすごいスピードで進みました

それもそのはず。車は持っているだけでかなりの維持費がかかります。

車の維持費は以下の通りです。

費用の内容普通車の維持費
ガソリン代 ※15,800円/月
保険代 ※26,200円/月
駐車場代 ※311,000円月
自動車税自動車重量税
※年に1回
7,800円/月
車検
※2年で92,000円想定
3,800円/月
その他メンテナンス洗車など10,000円/月
合計44,600円/月
※1 総務省統計局の家計調査より
※2 損害保険料率算出機構のデータより
※3 Yahoo!ニュースより

僕はマツダのアクセラに乗っていたから、年間50万円以上節約できました!

車は毎日乗っていたので、洗車も月に1~2回していたし、意外と費用がかかっていました。

年間50万円節約できれば、旅行とか行けるね!

車の維持費を計算したい人は、以下のサイトが参考になったから使ってみてください。

車の維持費の計算|Casio公式サイト


車にかかる維持費は「車が買えないストレスから抜け出すための方法」でも詳しく解説しています。

外出先で飲めるようになった

歩きや電車で外出することが増えたので、外出先でお酒が飲めるものよかった点です。

車を持っていた時は、ほぼほぼ車で外出していたので、飲食店も全てノンアルコールでした。

車を手放してからは、いつどこにいてもお酒が飲めるのでかなり楽しいです。

お酒が好きな人は大きなメリットだね。

「一杯だけ」と言いつつ、飲みすぎてしまうのがちょっとした悩みです。

余計な買い物が減った

車を手放してから余計な買いをする機会が減りました。

外出先で買い物をしてしまうと、全て手荷物になってしまうからです。


車を手放してからは、基本的に買い物はネットで完結させています。

ネットの買い物は店舗と違い、欲しいものしか買わないので節約できます。

あまり良くないけど、お店でいいなと思ったものもAmazonでポチってます。

運動の機会が増えた

車を手放すと自然に運動する機会が増えます。

駅までの徒歩や自転車、階段の昇降など、車生活ではしていなかった運動をするようになりました。

おかげで体重も減り、いい汗をかく機会が増えたので健康的になれました

車を手放してから体重が3キロ程減りました!

どうしても運動ができない人は、思い切って車を手放してしまうのは賢い選択です。

時間が増えた

車を手放すと時間が増えます。

車があったほうが、移動が楽で時間が増えるんじゃないの?


たしかに、住んでいる場所によっては車のほうが時間を節約できる人もいます。

駅が近くにある人や、道路が渋滞しやすい地域では車のほうが時間がかかるよ

車はメンテナンスする時間もあることを忘れてはいけません。

  • 車検
  • オイル交換
  • ガソリンの補充
  • 洗車
  • 渋滞の待ち時間

上記の時間がすべて削減できると考えると、トータル車を手放したほうが時間の節約になります。

車を手放して後悔した2つのこと

車を手放していい事ばかりではありませんでした。

後悔したことは次の2点です。

後悔したこと
  • 好きな時にドライブできない
  • 雨の日の外出は大変

車やドライブが好きな人は結構きついかも…

好きな時にドライブできない

車を手放して後悔したことは、好きなタイミングでドライブができなくなったことです。

レンタカー使えばいいんじゃない?


気晴らしにドライブしたい時などは、レンタカーを借りるのが面倒なんです。

車を使わないでどうにかするしかありません。

日常生活でドライブや車で移動する選択肢がなくなったのは大きなデメリットでした。

近くにレンタカーやカーシェアのステーションがある人は困らないよ!

雨の日の外出は大変

雨の日の外出が億劫になるのも、車を手放して後悔したポイントです。

車があれば雨に濡れずに移動できますが、電車やバスだと基本傘を差して出かけないといけません。


雨だけならまだしも、風や雪の場合は出かけるのも一苦労します。

外出が天候に左右されるのが不便だということは、車を手放してから気づいたデメリットです。

駅やバス停が近い人は、雨が降ってもそこまで影響ないね。


雨の日の通勤については「バス通勤のストレスはやばい?やめとけと言われる理由と対策」でも紹介しています。

車を手放す前にしておいた方がいいこと

車を手放そうと思った際は、事前にやっておくべきことがあります。次のことを必ずしておきましょう。

ポイント
  • 車を手放すタイミングを考える
  • 複数の買取店で査定してもらう
  • 車を使わない生活をイメージしておく

知っているだけで、車を手放した後も後悔せずに済みますよ!

車を手放すタイミングを考える

車の市場価値が最も高い時期に合わせて車を手放すと、平均よりも高く車が売れます。

一般的に車の需要が高くなるのは、1~3月と9~10月です。

会社の決算&ボーナスの後だから車も売れそうだね

あとは、新型モデルがリリースされる前に売ると高く売れるよ!

基本的に車は時間がたつと、売れる値段も下がってしまいます。

できれば車を手放したいと思った時に、早めに手放すことがおすすめです。

複数の買取店で査定してもらう

車を下取りに出す際は、必ず複数店舗で見てもらったほうがいいです。

下取り車は、査定する人や会社によって全く違う価格になります

僕は5社に下取りを出したけど、倍近く値段が変わりました

でも、色んな会社から電話がくるのはヤダな…。

電話ラッシュが嫌だったら、ガババがおすすめです。

出典:カババ公式サイト

ガババなら電話なしで査定の予約ができます

車版のメルカリみたいな感じなので、お互いが納得いく金額で売れるのが魅力です。

電話ラッシュが心配な人は一度検討してみてください。

\平均55万円高く売れる/

匿名取引だから安心して売却できる

車を使わない生活をイメージしておく

車を使わない生活をイメージしておけば、急に車がない生活になっても焦らずに済みます。

僕が車を手放してから、日常生活で変えたことは以下のとおりです。

車のない生活
  • 家電や家具などの買い物はAmazonか楽天などのネットで済ませる
  • ネットスーパーを週に1回使う
  • 移動は電車・バスがメイン
  • 車を使うときはレンタカーかGoタクシー

最初は不便に感じたけど、徐々に慣れてきたよ!

車がある時から、車を使わない生活を模擬的に実施しておくのもおすすめです。

(番外編)ドライブ納めをしておく

車を手放す前はドライブ納めをしておきましょう。

最後に存分ドライブをしておけば、車を手放す心の準備もできます

ドライブ納めって年末にするものじゃないの?

車を手放すときも、ドライブ納めと言っています!

僕は湖のドライブが好きなので湖の周りをぐるぐるドライブしてました。

車を手放す決心がついてからドライブしないと、車を手放したくなくなってしまうので注意しましょう。

ズルい!車を手放した後にするべきおすすめ行動プラン

車を手放した後も、ずっとドライブができなくなるわけではありません

ここでは、車を手放した後にドライブがしたくなった時のオススメアクションプランを紹介します。

おすすめアクション
  • カーシェアを使う
  • カーリースを使う

たまにするドライブは格別です!特に、カーリースは一時的ではなく、ほぼ自分の車のように所有できます。

ドライブが恋しくなってしまった時の選択肢として覚えておきましょう。

おすすめ① カーシェア

車を手放した後にカーシェアリングを活用することは、非常に有効な選択肢です。

カーシェアのメリットとデメリット、注意点、具体的な活用方法、および代表的なサービスは以下のとおりです。

ドライブしたいときに気軽に使えるから便利だよ!

カーシェアのメリット
  • コストが安い
    (保険料、メンテナンス費用、駐車場代なし)
  • ガソリンを入れる手間がないことが多い
  • 必要なときにだけ利用可能
カーシェアのデメリット
  • 予約が空いてないと使えない
  • ステーションの場所に制約がある
  • 長時間の利用は割と高い
  • 車の状態が良くないことがある

カーシェアは会員登録無料で利用できるところも多いから、ぜひ検討してみてください。

代表的なカーシェアサービス比較

おすすめ
カーシェア

タイムズカーシェア

三井のカーシェアーズ(旧カレコ)

オリックスカーシェア
特徴全国に多くの拠点
24時間利用可能
多様な車種
主要都市に拠点多数
EVや高級車種もラインナップ
多様な車種とプラン
ビジネス利用対応
料金体系15分単位の料金
パック料金あり
月会費制
時間制料金
時間料金と距離料金
長時間利用向け

カーシェアリングを賢く利用することで、経済的かつ環境に優しいライフスタイルを実現できます。

注意点を踏まえて、最適なサービスを選びましょう。

おすすめ② カーリース

カーリースはカーシェアやレンタカーとは違い、長期間車を所有できます

契約期間が過ぎた後は、車が自分のものになったり買いとれるオプションもあるので、とても便利です。

カーリースのメリットとデメリットは以下のとおりです。

カーリースのメリット
  • 定額制で利用できる
  • 事業として使う場合は経費になる
  • 保険やメンテナンスの手間がかからない
カーリースのデメリット
  • 所有者はリース会社
  • 走行距離制限がある
  • 改造やカスタマイズができない

おすすめのカーリース比較

おすすめ
カーリース
選べる車種国内の全車種トヨタ車限定
レクサスなど
特徴コスパがいい
ガソリン代割引
納車待ちの期間代車あり
トヨタの新車に乗れる
任意保険がついてる
解約金ゼロプランがある
価格
(月額)
5,500円~16,720円~
ボーナス払い併用可能併用可能
契約期間1~9年3・5・7年
満了後の車オープンエンド
クローズドエンド選択可
クローズドエンド
(車買取は不可)
走行距離制限個別に設定可能1,500km/月
詳細ニコノリ
公式サイト
KINTO
公式サイト
金額は税込み

カーリースを利用することで、新車に手軽に乗れ、経済的な負担を軽減することができます。注意点を確認し、最適なリースプランを選びましょう。

まとめ:現状維持から抜け出せ!車を手放すメリットも考えよう

車を手放してよかった点と後悔した点を、体験談と口コミを交えて紹介しました。

この記事内容を実践すれば、これから車を手放そうとしている人も、後悔なく車を手放せて、車なしの生活も困ることがなくなります


最後に記事内容のおさらいをしましょう。

まとめ
  • 車を手放す最大のメリットは家計が楽になること
  • 車を手放すと好きな時にドライブができなくて後悔する人が多い
  • 車を手放すタイミングで下取り価格と手間が異なる
  • 車を手放してもカーシェアやカーリースを使えば快適に生活できる


車を手放して、新生活で家計節約するために、事前準備をしっかりしておきましょう。

今回紹介したおすすめのカーシェアとカーリースは以下のとおりです。

おすすめ
カーシェア

タイムズカーシェア

三井のカーシェアーズ(旧カレコ)

オリックスカーシェア
特徴全国に多くの拠点
24時間利用可能
多様な車種
主要都市に拠点多数
EVや高級車種もラインナップ
多様な車種とプラン
ビジネス利用対応
料金体系15分単位の料金
パック料金あり
月会費制
時間制料金
時間料金と距離料金
長時間利用向け
おすすめ
カーリース
選べる車種国内の全車種トヨタ車限定
レクサスなど
特徴コスパがいい
ガソリン代割引
納車待ちの期間代車あり
トヨタの新車に乗れる
任意保険がついてる
解約金ゼロプランがある
価格
(月額)
5,500円~16,720円~
ボーナス払い併用可能併用可能
契約期間1~9年3・5・7年
満了後の車オープンエンド
クローズドエンド選択可
クローズドエンド
(車買取は不可)
走行距離制限個別に設定可能1,500km/月
詳細ニコノリ
公式サイト
KINTO
公式サイト
金額は税込み

最後まで読んでいただきありがとうございました。

車を手放してもドライブする方法はたくさんあるので、安心してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA